エンタメ

パックのネギはなぜ臭い?理由を解説!

パックのネギが臭い

使って便利なパックネギ。

味噌汁に入れたり、炒め物にさっと合わせたりと使い勝手が良い。

だが、なぜか臭いと感じることはないだろうか。

ネギ臭いというのではなく、「パックネギ臭い」というやつだ。

パックのネギはなぜ臭いのだろうか。

パックのネギが臭い理由

1.密閉されたパック

1つ目の理由は、あの密閉されたパックにある。

本来ネギは臭い物だ。

その証拠に虫も寄りつかず、ネギの葉が食べられることはほとんどない。

そんなネギを密閉して長時間置いておくと、臭くなるのは当たり前だろう。

2.ネギが乾燥している

もうひとつの理由は、ネギが乾いているということだ。

新鮮なネギを切ったことがある人なら分かると思うが、ネギはとろみのある水分が葉の中に多く含まれている。

そんな水分を付けたままだと、パックの中ですぐにカビてしまう。

だから、ネギを十分に乾かしてからパック詰めされているのだろう。

ネギは乾燥すると臭いが強くなる。

そのためにパックのネギは臭いのだ。

ネギの臭みを取る方法

パックのネギの臭さが嫌なら、一本の長ネギを買うのが一番だ。

だが、パックネギの便利さからは離れられない。

そんな人は、パックネギを水に十分さらしてみよう。

タマネギをサラダにして生で食べるときと同じ要領だ。

水から上げた後はキッチンペーパーで水分を絞ると、臭いがましになる。

加熱するのが一番だが、生で使いたい人は試してみてほしい。

-エンタメ

Copyright© ザッキザキ , 2021 All Rights Reserved.