アニメ

なぜ僕はアニメ『うさぎドロップ』を何度も挫折してたのか?レビューと感想

アニメ『うさぎドロップ』をようやく見た

うさぎドロップは僕が高校生の頃から気になっていたアニメ。

と同時に、何度かトライしたけど1話で挫折していたアニメでもある。

今回、そんなうさぎドロップをようやく見た。

Amazonプライムでずっとおすすめされてた、Amazonに見させられたと言った方が正しいかもしれないけど。



『うさぎドロップ』のレビュー・感想

このアニメの面白いところは、絶妙にリアルな心情描写にあると思う。

  • 父親がおじいちゃんで母親がいない少女「りん」
  • 仕事一筋独身暮らしの30才「だいきち」。

そんな二人が暮らしていくわけだけど、普通なら「りんの悲しみ」みたいなところに物語の焦点があってもいい話だ。

でも『うさぎドロップ』はそうじゃなかった。

もちろん悲しみはあるんだけど、そうした感情をあえて「悲しみ」という一つの枠にカテゴライズしていない。

それってかなりリアルだ。

映画とかでは誰かが死んだりすると、悲しさを表すために役者が泣くよね。

でも現実ってそんなに単純じゃなかったりする。

悲しみとか驚きとか辛さとか怖さとか、色々なものがごちゃ混ぜになる。

そしてそれでも日々は淡々と進んでいくんだよね。

『うさぎドロップ』はそうしたところが繊細な作品のような気がする。

だから、たとえば「離婚した家族」や「その子どもが受けるトラウマ」みたいなものに対してのメッセージ性もないし、もちろん誰が悪いとか誰が悪くないとかもない。

りんの本当の母親も、だいきちの家族も、作品の中でたまに不親切に見えるときがあるんだけど、でも間違ってはいなくて、そんな現実的な感じが個人的には好きだった。

見られて良かった。ありがとうAmazonプライム。



なぜ僕は『うさぎドロップ』を挫折してたのか

こんなに良いアニメなのに、僕はこれまでに何度も『うさぎドロップ』を挫折していた。

1話を見てはやめ、1話を見てはやめていた。

それはなぜだったのだろうと考えていると、その理由が分かった。

僕は当時高校生だったんだけど、『うさぎドロップ』には思春期の人間が出てこない。

高校生どころか中学生も出てこないし、小学生も園児に毛が生えたみたいなのしか出てこない。

そのほかはみんな大人(主におじさんとおばさん)で、僕は誰にも感情移入することが出来なかったんだと思う。

だからこの年(25才)になって、ようやくダイキチの目線で楽しめるようになったのかもしれない。

僕の精神的な未熟さが原因って恥ずかしいけど、多分そういうことだと思う。(当時は『おやすみぷんぷん』とか好きだったなぁ)。

なんにせよ、年齢を重ねて楽しめる作品が増えたなら良いことだ。

ずっと見たかった『うさぎドロップ』も結局は見られたわけだし。

もう僕が言いたいのはこれだけ。ありがとうAmazonプライム。



『うさぎドロップ』の漫画も読みたい

こうなってくると漫画も読みたいなぁと思って、調べた。

そしたら、どうやら漫画は全9巻で完結していて、1部と2部に分かれているらしい。

読みやすそう!

1部は1~4巻で、アニメにもなったりんの幼少期の話。

2部は5~9巻で、りんが高校生の話らしい。

高校生?

りんが高校生って・・・

・・・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

・・

最高かよ!絶対面白いじゃん。

多分アニメしか見てない勢は、この漫画のこと知ったら、

うおおぉぉぉぉ!!!!

ってなる。

絶対なる。

あのりんが高校生かぁ。大きくなったなあ・・・

ってなる。

絶対なる。

別に育ててないけど、そんな気分にさせる作品だよね。

ほんとアニメは面白かった。

近いうちに漫画も読もう。

追記:読んだから感想書いた。案の定最高。ネタバレはなし↓

漫画『うさぎドロップ』の感想!アニメ勢が漫画を読んだ結果

続きを見る

面白い小説が知りたい方はこちら!

近代日本文学をもっと知りたい方はこちら!

-アニメ

Copyright© ザッキザキ , 2021 All Rights Reserved.